私は世界に嫌われているのではないかと思うことについて

なぜ私ばかりが苦労するのか。

いや、外から降ってくる嫌なことの数が人よりもたくさんあるのか。

わたしにはわからない。

 

 

どうもみなさん、このブログを開いてくださってありがとうございます。

みなさんはこの記事のタイトルと同じようなことを考えることはありますか?いや、もしくは実感として持つことはありますか?

 

 

どんなに自分が前向きに頑張ろうとしてもなぜか嫌な人、嫌味な人、しらじらしい人を寄せ付けてしまい、嫌な思いをする私です。

だいだいこういう目にあうひとの特徴は、自己管理能力がなくて、メンヘラで自信のない人に起こるそうですが、私はそうではありません。とても自分に鞭をうって頑張っていますが、誰も見方はおらず、なぜか孤立するはめになります。そして対して苦労もしてないような人間が、人にたやすく助けられたりもします。わたしは本当にこんな世界にいたくないと思います。

 

ここまでで起こったことをこの記事に書くことすら苦しい状況です。

 

..........なぜわたしばかりがこんな目にあうのか?それはわたしだけでのせいではないと思います。よく自己責任とかいいますが、そういう場合もあるでしょうが、その言葉は単に苦しんでいる人の周囲の状況を見直すことに視線を向けるものではなく、自己を責めろ。といっているようなものです。

 

ここまでで起こったこと,,,,,,書いてなんになるんでしょうかね。

結局傷つけられたひとはそのまま泣き寝入りするしかないのがこの世の中です。この世界に私は本当に生きていたくないです。よく自分を責めて、「私はこの世界にいる価値がないんだ」とかいう人がいますが、私は違います。この世界そのもの自体が生きるに値しないです。どう考えても理不尽な世界であり、良い人ばかりが嫌な目にあいます。

あのよくニュースになっている上級国民もそうです。しらじらしくしぶとく生きてます。なにが上級なのか。くだらない。しかし、世界はそういう人に制裁を与えるわけでもないです。

 

ここまで書いていても、他人のことで私の苦痛を理解してくれるとは思いません。整理のために簡単に書いてみます。まず、私のオリキャラパクられる。アカデミックハラスメントが長く続く。誰も味方がいない。この三点です。私はなぜこんな目にあわなければならないのですか?なにか悪い事しましたか?

 

 

生きることは苦しみです。人間なんてさっさと死ぬべき、絶滅すべきです。

幸せな人にはわからないでしょう。ネガティブ思考だからこういうことを引き寄せるとは私は考えなくなりました。なぜならどんなに自分を上向きにもっていこうとしても、私の知らないところで問題は起こるからです。そして私は友人も恋人もいないので、誰にも相談できません。なので公共の相談窓口を利用しようにも、やはりそれは赤の他人の相談なので、適当にながされることを私は知っています。そしてその窓口が基本的には大ごとにならない限り、泣き寝入りすることになるのはGoogleで検索すればすぐにわかります。人間とはなんと醜いのでしょうか。

 

みなさんはどう思いますか。このブログを読んでいるひとがどういう人かは知りませんが、わたしのように考えることがありますか。

 

世界は生きるに値しない。

私のくだした結論です。

世界の方も私が嫌いです。おそらくは。

 

みなさんは割とめぐまれていると感じることが私には多いです。信用できるパートナーがいて、嫌な事、群れて嫌がらせをしてくる人がいたとしても、相談できる人ぐらいはいるのではないですか。

 

人は未来に希望が持てなくなった時に死ぬといいます。私はだいぶ前から世界を見話してます。ですが、しぶとく生きてます。地獄でしょうか?ここは。いつ死んでもかまいません。自殺は私はしませんが、とくに痛みもなく明日君はなんらかの原因で死ぬだろうといわれてもなにも感じません。むしろ「やっとこのくだらない人生が終わる」とわくわくします。まあ、一度でいいから信頼できる人がほしかった,,,,,,,,

 

私は自由意志を認めていません。そしてこれから起こる出来事も私は選べないと考えています。哲学には主語と述語というものの考え方があります。詳しく書きませんが、主語がその人そのものを指すのだとすれば、述語はその人に起こる内容だといっていいです。私はこのどちらも選ぶことはできないと考えます。つまりこれから起こる出来事は決まっているということです。私の述語なんてどうせしぶとく生き抜くでしょうが、苦労だけが多く、幸福も、良縁にもめぐまれないくだらない、生きるに値しない人生です。今までがそうだったからです。「これからのことはわからないだろ」といわれてもそんなの信用できません。私の意識を変えようとしてもなにも意味がなかったからです。嫌な事は私の外部から必ずやってきます。逆境を力に変える!という考えがあるのもわかりますが、軽々しくいわないでほしいです。たぶんそういう人はもとから人運が強く、守護霊?(笑)かなんかが強い人が多いんでしょう。

もし私にも守護霊がいるとすれば、カスです。ろくに仕事もしてないと思います。ふざけんな。まあ、ついてないのかもしれません。なにかサポートをうけていると感じたことは一度もありませんので。全て私の実力のおかげです。

 

 

死んだ方がいい世の中です。

ポジティブなひとはポジティブ思考を人に押し付けて誇示しがちですが、そういうひとたちにはわからないのです。世界に嫌われている、というような感覚が。

 

 

さっさと死にたいです。人生100年時代とかうんざりですね。そこまでしていきたいと思う人はあるいみすごいです。この世界のどこに生きたいと思える要素がありますか?

 

全ての事に感謝しなさいと人はいいますが、「なに綺麗なこといってんだ」と思います。じゃあ、大切な人を殺されたり、大切な何かを奪われても、その状況をうけいれ、感謝するってことですか?あまりにも無責任な言葉だと思います。

 

 

人に生きる価値はないです。世界にもないです。

 

死んだ方がましだ。こんな世界。自殺者がとても増えているとかいいますが、そんなの前からそうだったと思います。し、死にたくなって当然だと思います。私はよく電車で飛び降りしてしまった人が「迷惑かけんな」とか言われていますが、そうは思いません。その人はきっと今までさんざん他人に迷惑を押し付けられてきた人です。最後ぐらい文句いわれる筋合いはないだろうに。と私は思います。そう、誰も味方になってくれない、理解してくれないときに、人は死にます。私もいつ気の迷い?(いや、実はとても理性的な状態かもしれない)でひょっこり死ぬかわかりません。

 

もう、死んでもよいのです。

すべてが苦痛なのです。

猫でもかうべきでしょうか。猫を飼うと、なぜかかまってあげなくてはならないので、生活リズムもいないよりは整うらしいです。まあ、可愛いもんな。

 

もし、未来でかうことがあったら、わたしのところにくる猫はきっとふてぶてしいかまえた猫だろうと思います。

 

人がつかれて死にかかっているときでも、なぐさめにくるよりは、遠くからふてぶてしい顔してずっとこっちをみているような猫だと思います。