腐ったりんごくんの鬱屈した日々

ぼんやり気ままな鬱屈した毎日を送る大学生

秒速5センチメートルに全く感動しない🍎君

 

深夜に秒速5センチメートルを放送していたので、眠れない🍎君は、この作品を見てみることにした。

 

高校生の時にこの作品が小説化されていたのは読んだことがあるが、映画の作品を見たのははじめて。

 

ざっと言う感想の一言は、

全く何も感じなかった。あと、登場人物の人は、だいたい、自分の世界の中心に他人を置きすぎていて、見ていて何の共感も湧いてこない。感動した。切ない。という人はこの作品のどこにそういった感情をいだくのかわからない。(確かに、最後の電車が通り過ぎた後に、誰もいなかった。というシーンはいいな。と感じたが。)私の感性が鈍感なのかもしれないが、私にはただの色恋沙汰を詩的に書いただけ。のように感じた。どこが詩みたいだな。と感じたのかというと、登場人物の感情表現。描写表現に。なんだろう?私は詩的表現は嫌いなわけではないのだが、他人に向ける感情を美化しすぎというか。こんなことを書くと批判バッシングは承知の上だし、私のこの感想は一つの取るに足らぬものだし。映画のプロから見たこの作品の醍醐味、楽しみ方はあるのかもしれないが、それを抜きにして私の意見を言うとこんな感じ。

追加で書くと、風景は素晴らしく良い。光が部屋にさしこむ描き方は綺麗だと思う。光の描き方は良いと素直にそう思った。(まあ、私の感情を動かさないという感想も素直なものだが。)

しかし、人間の絵が、風景とマッチしてなくて、違和感があった。

わざとなのかな?

 

 

私には、人を想うという気持ちがあまりないので、(もしかすると、ほぼ皆無。)私の中のどこも痛くはなかった。

あんなことのために自分の時間を費やすのなら、恋ってくだらねえな。と素直に思った。あんなことというのは、他人の人の気持ちが誰に向いているだとか、他人の気持ちを感じ取って、思い悩むということ。

 

そんなことに時間を私は費やしたくはない。

 

うーん...それとも私がこの映画を「恋愛もの」だという風に感じたからこういった感想になったのだろうか?

もっと別の題材だったのだろうか....?

私のこの作品に対するとらえ方が違うの....?

あと、この作品、映画?アニメ?

 

はあ.....しかし、私にはいずれにせよ、人を恋想うことがないので、わからないものであった。

 

皆さんは、この作品を鑑賞したことはありますか?

もし、何か思うことがあったら、教えてくれてもいいんですよ。

いや、どう感じたか、感想を聞きたいです。