読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腐ったりんごくんの鬱屈した日々

ぼんやり気ままな鬱屈した毎日を送る大学生

自分に集中する方法に悩む…

🍎君の日常 🍎君の思った事

自分に集中するために、他人を受け入れる訓練。

何故って・・・・?

他人を意識するあまり、他人を隠そうとして、逆に他人を意識してしまう。

他人を意識とは・・・とても小さなことであるが、

電車の中で向かい側に立っている男子大学生たちがしゃべりこんでいるのを近くで眺めて、相手も向かい側に腐ったりんご美形(半分ジョーク半分本気)が立っているのに気が付いて、

その後に電車から降りるタイミングも、その後の乗り換えのために通る途中の道も一緒のルートであったので、

私が勝手に意識(好意ではなく。全くもって。顔も雰囲気もタイプじゃない。が、服装がオシャレだった。)して、

「こいつ、俺のこと好き?」とか、

「きめえ」

とか変な勘ぐりされるのが怖くて、私が本来違う行動をあえなくすることによって、私が向かい側から歩いてきたクソサラリーマン男爵に激突されるということがあった。

私はこのことに少し怖くなった。

全くの他人のありもしないかもしれない意識に作用されて、自分の行動を変えてしまう窮屈さに疲れてしまった。

今はもう、どうでもいいや。勝手にしろ。という意識になったが、中学の頃は特に、他人の笑い声が、自分が笑われているように感じた。本気で。

それを同級生に言ったら、「何?嫌味?」って言われた。嫌味の意味がわからない。

ああ・・そう、私はよく駅や電車の中でよく人にぶつかられる。身長は高い方なので、相手が気が付いていないということは無いと思う。

なぜ、ぶつかるのか・・・?私ばかりがぶつかっているように思う。というかぶつけられている。今回は、あまりの勢いに倒れるところだった。明らかにぶつかりに来ていた。

舐められたものだ。

理由はなんだろう?

たぶん、他人の意識を意識して、自分の本来の行動をしないからだ・・・

でもそれ以外に、猫背だとか、前を見て歩かないとかあるのかなぁ・・・

なんでぶつかるんだ・・・?

試しに、背筋まっすぐ。前を見るを意識しようか。

が、他人をどうしても隠せないいいいいい!嫌でも目に入るよおおおお